プラセンタをご存知でしょうか?「プラセンタ」という名称を聞いたことがあっても、その詳細まではご存知の無い方も多いかもしれません。プラセンタは美容外科をはじめ、様々な医療の領域で使われています。歯科治療でも近年、予防領域にプラセンタの効果が期待されています。

プラセンタって、何ですか?

プラセンタ

プラセンタとは、そのまま直訳すると哺乳動物の胎盤です。この胎盤から必要な栄養素を抽出したエキス、すなわちプラセンタエキスがあらゆる薬理作用を持ち、様々な領域で汎用されております。

身体全体にその効果効能が期待され、副作用が少ないことが利点です。患者様ご自身の身体そのものが持つ自然治癒力を高めてくれます。歯科領域におけるプラセンタの利用は、昭和34年頃より始まっているのです。

歯科領域におけるプラセンタの有効性

プラセンタが何かはお分かり頂けたかと思います。
では、歯科領域におけるプラセンタの活躍をご紹介致しましょう。

歯周病へのアプローチ

歯周病とプラセンタ

昨今の国民病の一つと言われている歯周病へのアプローチが可能です。歯周病の進行を抑え、歯茎が落ちてしまう歯槽膿漏にもアプローチしてくれます。

抜歯やインプラント治療へのアプローチ

抜歯やインプラント治療など外科的処置の際にもプラセンタは有効です。プラセンタの持つ抗炎症作用、自然治癒力を高める作用が、傷口をより早く癒してくれます。

予防歯科へのアプローチ

プラセンタの持つ免疫力を上げる作用が、予防歯科領域に効果を発揮してくれます。
日頃から口腔内の免疫力を鍛えておくことで、口腔疾患の発症予防が期待出来ます。

その他の口腔疾患へのアプローチ

口内炎、口角炎、舌炎を始めとした炎症性疾患。顎関節症、または口腔内のアンチエイジングにと、様々な領域で、プラセンタのアプローチが期待出来ます。

よくあるご質問

プラセンタをずっと体内に投与し続けても、問題無いのですか?
プラセンタは安全性が高いので、長期投与も問題無いとされています。
中には週1回投与を10年以上に渡って続けている方も沢山いらっしゃいます。
しかし、基本的に疾病が完治した時点でプラセンタ投与を卒業して頂いて構いません。
現状維持でプラセンタを継続して頂く分には、全く問題ございません。
プラセンタって安全ですか?
中には品質に疑問を持たざるを得ないモノも市場には出回っているとお聞きします。
当院で採用しているプラセンタは、原材料や配合量にこだわった製品のみです。
ご安心してお任せ頂けると幸いです。

当院で採用しているプラセンタ製剤

プラセンタ

当院で採用しているプラセンタ製剤の種類は多岐に渡ります。注射製剤(筋肉注射、皮下注射)、サプリメント、ジェルを取り入れております。

患者様とじっくりご相談させて頂きながら、最適なプラセンタ製剤を提案させて頂きます。

クレタ歯科医院

03-3496-3330

[ 診療時間 ] 9:30-13:00 / 14:30-18:30 *土17:00まで 
[ 休診日 ] 日・祝

アクセス地図 初診専用ご予約

診療時間
土曜午後は17:00までの診療です

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-17-1 えびす第一ビル3F

JR線・地下鉄日比谷線「恵比寿駅」西口 徒歩 4